CASIO PRO TREK Smart WSD-F20は、ドライブのお供に大活躍 #アウトドアアンバサダー #プロトレックスマート

『アウトドア アンバサダープログラム』に参加中です。

 

自前でも、PRO TREK Smart WSD-F20を日常的に使っている中で、

(もう1台は、山、キャンプ時に連れに着けてもらってます。)

この使い方が気持ち良いというネタがありましたので、

ご紹介します。

 

PRO TREK Smart WSD-F20では、このような表示が可能。

※後述のネタと表示範囲が異なるトラッキングデータではなくスミマセン。

PRO TREK Smart WSD-F20

 

 

そもそもライフログ的な活用方法を中心に考えており、

ロケーションメモリーアプリを色々試しております。

http://support.casio.jp/wsd/manual/wsd-f20_ja/WBSPSYzqptecde.html

 

その中で気がついた点。

1. 屋内はめっぽう弱い(電力とボディサイズが優先されているため、精度には限界がある)

2. 1.に起因している中で、地下鉄ではない電車でも結構、位置情報を拾ってくれないことがある。

 

という点を踏まえ、いい感じに活用できないかと模索。

結果的に、精神衛生的で、かつ程々のLoggingで納得できる活用方法として、

ドライブで使う!を是非、個人的に推奨したいです。

 

自家用車レベルであれば、車内で右ハンドル、WSD-F20は、左手で着用でも適時Log OK.

 

要は曲がり道などは、あんまり気にする必要がなく

目的地は、確実に滞在するので、Log OK!

 

もちろん、サービスエリア、コンビニなど途中である程度の時間、滞在するポイントは、6分おきの測定でも保存対象になるのでOK!

 

という考えです。

 

個人的に、休日は電車移動より、車移動を好んでいるので、

アウトドア以外で、このような記録が取れるのは、非常に楽しいです。

 

※買い物として、屋内に潜ってしまった場合は、【記録が途切れたタイミング】と【改めてGPSを掴んだタイミング】で

直線として結ばれてしまいますが、この程度はご愛嬌。

■保存の設定例

トラッキング(アクティビティ)

・バッテリー優先

 

毎日の位置情報を保存

・6分毎のGPS測定

 

のGPS関連の2本柱の設定状況で、

1日、1回の充電というのが、生活の中での使い方として、

もっとも安定している所感です。

 

このデータが、Google earthで取り込めて、眺めることができたら、便利ですよね!

 

それが、できるんです。

PRO TREK Smart WSD-F20から、連携させたGoogleアカウント(Google Drive)にログのバックアップを取ります。

CASIO-WSD

「CASIO-WSD」というフォルダにバックアップ対象としたファイルが保存されます。

 

このデータ KMLで出力となっています。

・あくまでもGoogleドライブ経由でのアップになります。

 

で、このデータをGoogle Earth(Chrome)を用いてKMLを開きます。

Google Earth KMZ

 

 

これ、軽くドライブした時にとれた記録です。

WSD-F20 ロケーションメモリーアプリ

市街地で、スピードも出ていない状態ですが、自家用車の車の屋根程度であれば

GPSは、有用に動いてくれているように見えます。

こういうデータが欲しかった!(電車だと厳しい・・・)

 

 

このデータをGoogle Earthに表示し、アップしたデータを眺めることができるのが

日常の楽しみになりつつあります。

 

 

 

 

 

CASIOさん

月次、週次単位でも良いので、

まとめてバックアップを作って欲しいです!!

| 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |
(to top)





Comment









Trackback





プライバシーポリシー     Copyright (C) searched.jp All Rights Reserved.


New Entries
ads
ビックカメラ.com
デル株式会社
RECORDS

HMVジャパン
チケット - @ぴあ :
チケットぴあ
Profile
Category
Archives


ないものはない!お買い物なら楽天市場
無料 アクセス解析ラティース