KENWOOD KH-KZ3000 フラッグシップモデルを聴いて

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

 

KENWOOD  KH-KZ3000をお借りして

夏に似合わぬヘッドホンを電車通勤などの日常使いでチェックしてみました。

KENWOODヘッドホン KH-KZ3000

夏ということもあるのですが・・・・

”おとなしく部屋で腰を据えて、音楽に浸るのに非常に良い”という所感を持ちました。

『外で使うと、ついつい気持ち良くなって音量上げがちになってしまうことがデメリット(※無論、個人差があります。)』

 

奇をてらった味付けはないに等しく、パワーはありますが

飾っていない癖のないヘッドフォンです。

低音は、ちょい物足りなさを感じるかもしれません。

KH-KZ3000

<本製品のポイント>

 

- ハイレゾ音源対応

 

音響技術 クアッドダクトエンジン
グラスファイバーPAサウンドディフューザー
アンチバイブレーションALリング
アンチバイブレーションSUSリング
スタビライズドジャック
(バランス対応4極ジャック)

- ライブ感あふれる豊かな低域を再現するクアッドダクトエンジン

 4つのダクトが異なる周波数の低域を受け持ち、
歯切れの良い、豊かな低音を実現します。

  ⇒ ヘッドフォンならではの余裕を

    しっかりと感じることができる

    良いバランスになっています。

KENWOODヘッドホン KH-KZ3000KENWOODヘッドホン KH-KZ3000

…普段、別メーカーのノイズキャンセルにどっぷりな私にとっては

最初、高音がちょっと尖って感じられました。

※本来は、こういう音と認識する良い機会。

 

- 力強さと繊細さを両立する40mmトリプルネオジウムマグネットドライバーユニット搭載

3つのマグネットを配置した「40mm トリプルネオジウムマグネットドライバーユニット」を採用。磁力を最適化することで、より正確な振動板の制動を実現し、さらにきめ細かな音の表現を可能にしました。

⇒ パワーあります。パワーがあるのに再現性が高い。

  今回、PonoPlayerをプレイヤーとしてメインで試しましたが、

  気持ち良い音量にすると、それなりに耳の耐久性が気になる程度。

  エグい感じが全くないのに、パワーを感じる気持ち良さです。

  

 ※当然、ヘッドフォン+プレイヤーの使い方は自己責任です!

KENWOODヘッドホン KH-KZ3000

グラスファイバーPAサウンドディフューザー

「グラスファイバーPAサウンドディフューザー」の搭載により、コンパクトなハウジングでも空気を効率的に使用することで、低域の再現性をより高めました。

⇒ 変に強調されていない優等生的な低音の稼ぎ方になっています。

 

 アンチバイブレーション

 + 振動特性の異なる素材をいくつも組み合わせて不要振動を抑える

 

- 持ち運びに便利なスイーベル機構

- 1.2m 片出しケーブル

⇒ これは、ある意味普通。

  ポイントは、本体側:バランス対応4極ジャックを採用

KENWOODヘッドホン KH-KZ3000

 

こちら側をヘッドフォン側に!!(ちゃんとパッと見でわかる工夫がうれしい心遣い)

KENWOODヘッドホン KH-KZ3000KENWOODヘッドホン KH-KZ3000

 

 

 

 

KENWOODヘッドホン KH-KZ3000

 

さて視聴ですが、極端ではありますが、

PONO Player Limited Edition (Red Hot Chili Peppersモデル)

を用いつつ

レッチリ

自分周囲へのネタとこめて

けいおん!はいれぞ!「Come with Me !!」set (WAV 96kHz/24bit)

http://special.canime.jp/k-on/comewithme/

でチェック

KENWOODヘッドホン KH-KZ3000

 

最初、普段聞きなれていない雰囲気だったため、高音強めで(音源の性格もありますが)

ちょっとだけ違和感がありましたが、聴こえる音を認識できてからは、気持ちが良い。

 

KENWOODヘッドホン KH-KZ3000KENWOODヘッドホン KH-KZ3000

WAVの文字化け問題を回避できず。Flacで買えば良かった。とちょっと公開しています。

 

Pono純正の音源では、Pono PlayerのPono認定ライトが青く光ります!

Rockも気持ち良いのです。

空気感は、しっかり伝わってくる聴きやすいヘッドフォンでした。(今年の夏は、さすがに暑さで辛いと思いますが…)

KENWOODヘッドホン KH-KZ3000KENWOODヘッドホン KH-KZ3000KENWOODヘッドホン KH-KZ3000

 

メガネ着用のこともある私にとって

パッドのフィット感は、長時間使う際に

ハードルの一つになるのですが、

音漏れを和らげつつも、柔らかい・ちょうど良い着け心地でした。

・スイーベル機構は、最小で使用。

 

個人的には、プレイヤー操作のリモコンに慣れてしまっている節があり、できれば操作用のリモコンが欲しかったと思いましたが、

そもそもPono Playerでは、リモコン使っていないし、スマホいじりながら音楽を聴くのをやめて

音楽にどっぷりハマるという生活も良いと感じました。

 

 

 

 

<おまけ>

昨年の話ですが、

paris match

12月16日発売のNEWアルバム「11」に収録されている「Killing you」が
KH-KZ3000のコンセプトソングに決定。

 

ということで、私はライブに足を運びました!

ライブを聴きに行く良い切っ掛けとなりました。

数年ぶりに行きましたが、学生の頃を思い出にちょこっと浸ることができました。

 

ハイレゾか、ハイレゾでないかを問わず、

いい音楽をゆっくり聴くことが

心地よいことを再認識できるアイテムでした。

 

KENWOODヘッドホン KH-KZ3000

 

JUGEMテーマ:オーディオ

 

 

 

| 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |
(to top)





Comment









Trackback





プライバシーポリシー     Copyright (C) searched.jp All Rights Reserved.


New Entries
ads
ビックカメラ.com
デル株式会社
RECORDS

HMVジャパン
チケット - @ぴあ :
チケットぴあ
Profile
Category
Archives


ないものはない!お買い物なら楽天市場
無料 アクセス解析ラティース