移動基地的なWAKUWAKU BOX ダイハツWAKE 発表会

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

新型軽乗用車「ウェイク」発表会
のマスコミ・プレスじゃない部に参加

DSC_1976_R

http://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/index.htm

限られた車内で、有意義に寝袋を広げられる余裕。
って、素敵。
DSC_2102_R

軽自動車、かつ展示を見てきただけなので、
クルマとしての底力は、不明。

…ながらも
限られた”空間”を有意義に使用している(使用できる)デザイン、設計コンセプトには、強く共感できるものがありました!

クーペやジープで、いまだにキャンプ地までの仮眠として
車内泊をするので、非常に羨ましい。

ポイント
広く高く楽しく
→ ウルトラスペース

目線をミニバンレベルの高さ
→ スペースを設けることに成功した

デザイン
ワクワクボックス(WAKUWAKU BOX)というキーワード

オプションを組み合わせるとで、多種多様な使い方ができる。

カタログを見るに、各”遊び”の中でも多数の”ツール”が用意されており、全部を見ると結構な数があります。
-海の例-
DSC_1985_R

”クルマ”としてのポイント
高さ 広さ スライドドア
運転席の高さ。

某4つの円が合わさったロゴのテストドライブに行った際、
「目線は、より高い方が良い」と言われたことがあるので、このスタンスは有り。

個人的には、2ドアで、この位の空間(使い勝手は二の次)を持つ
クルマがあったら、欲しい。

天井刳り貫くCMは放映されてますが、copen(オープン時、助手席つぶし)だったら
天井知らずじゃないですか!と思ってみたり。

”道具”としては、良いアイテムだと思います。
クルマという魅力では、個人的な好みから外れるため、割愛。

司会進行の紗々様
DSC_2091_R

TV-CM ”ダイハツっぽさ”

WAKEの開発にあたり他車種とは、ちょっと違ったアプローチを行っているとのこと。
これ、CMのニュアンスからも伝わってきます。
DSC_1975_R
自転車も難なく載ります!

・開発の初期から、レジャーのプロフェッシャルにヒアリングを行った。

・日常からレジャーシーンで使用できるように想定/開発。

・オプション部品で、レジャーの使い勝手を具現化。



外装/内装のポイント

DSC_2039_R
エクステリア
・存在感
 180cm の車高/全高。
 ・背の低い人用にオプションでいろいろ着けることで、大きさによるデメリットをカバー
 LEDヘッドランプ
 バンパーのアクセント
インテリア
 多くの場所にポケッテリアを設けている。
 ・シートタンブル。(動画取り損じました…)
  シートアレンジが非常にバリエーションがある。

エクステリアで、これをやったら変形ロボと呼べる程度の充実ぶり!!
  

荷室の容量
 90L
 車格の割によく入るというレベル。
 もっと必要なら、軽自動車を選ばないというのも選択肢。

写真は、一通りごっそりおいておきました。


いろんな用途に用いられている(カスタマイズ)されている写真や
紗々様の写真とか無造作にアップしております。

JUGEMテーマ:DAIHATSU


 
| 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |
(to top)





Comment









Trackback





プライバシーポリシー     Copyright (C) searched.jp All Rights Reserved.


New Entries
ads
ビックカメラ.com
デル株式会社
RECORDS

HMVジャパン
チケット - @ぴあ :
チケットぴあ
Profile
Category
Archives


ないものはない!お買い物なら楽天市場
無料 アクセス解析ラティース