Lets note CF-SX/NXの中身(部品の一部)

Lets note SX/NXシリーズの中身を資料としてアップ。
分解とは趣は異なりますが、中身が大好きな方向きということで
Lets note CF-SX/NX ハードディスクとクッション(緩衝材)
Lets note CF-SX/NX HDD
過去のモデルでは、緩衝材の大きさやら厚さを変えていたケースがありましたが
今回は、ベタな設定。
SSDが普及し始めているので、有りな方向性かと。

メインボードと小型ファン
Lets note CF-SX/NX board
今回、受熱板のアルミダイカストには、小径の冷却フィンを数多く設けることにより効率アップ。
要は、小さな突起物が複数設置され、風の通り道での放熱面積を稼いで性能アップ。
それに加え、ファン形状も新開発し従来型より7%の風量アップを実現。 
トップケース
Lets note CF-SX/NX Topcase
従来の樹脂製からマグネシウムな頑丈設計へ変更。
機能云々より、質感UP。
といいつつ、質感だけでなく薄型化やキーボード入力時のたわみを軽減することに貢献。 
キーボード
Lets note CF-SX/NX キーボード
リーフ型キーボード採用
ホームポジションからの指の動きを考慮し、キーの左上と右下の角を丸くすることで、指の動きをスムーズに。誤入力を減らし、文書制作のスピードをアップ。また会議室などでも気兼ねなくタイピングできる、静音設計です。 *従来モデル(CF-N10)で誤入力率が7%以上の方(11名)の平均値を比較。パナソニック株式会社調べ
とありますが、母数やら対象やらに起因し
統計学的には信憑性はありません。
とはいえ、実物を触ってマイナス面は感じられませんでした。

ボトムキャビネット
Lets note CF-SX/NX bottom
先にhttp://searched.jp/?eid=670に載せていますが
人が乗ってもLet’s noteに人が乗ってみる実験大丈夫な程度。
天板:新ボンネット
Lets note CF-SX/NX ボンネット
従来からは下記へ変更
Lets note CF-SX/NX ボンネット

液晶パネル
Lets note CF-SX/NX 液晶
解像度は、MAX HD+(1600x900)。
Lets note CF-SX/NX 解像度
ACアダプター
Lets note CF-SX/NX AC
ACアダプターは、普通のとMiniが標準で付属。
同僚と同じ型番を使って、
「あっ、ACアダプターを家に忘れた!」という時に
「あるよ。」って、カバンから出したらちょっとだけ恰好良いかも知れません。

Lets note CF-SX/NX 付属バッテリー
バッテリーパックは(S)が標準。
バッテリーパック(L)は、オプション。
オプションでは、(S)+(L)も選択可能。※(M)は無いようです。


直販扱いのブラックな筐体は、こんなイメージです。
Lets note CF-SX/NX Black
| 06:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |
(to top)





Comment









Trackback





プライバシーポリシー     Copyright (C) searched.jp All Rights Reserved.


New Entries
ads
ビックカメラ.com
デル株式会社
RECORDS

HMVジャパン
チケット - @ぴあ :
チケットぴあ
Profile
Category
Archives


ないものはない!お買い物なら楽天市場
無料 アクセス解析ラティース