DLNA/iPod対応 マランツM-CR603 を使ってみました

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

マランツ M-CR603
DLNA/iPod対応

マランツ M-CR603

iPhoneを繋いでみた図。

マランツ LS603
今回のスピーカーはLS603
組み合わせを想定したバイアンプ駆動対応の小型2chスピーカー
だけあって、収まりが良い。
ボリュームをガンガンに上げないで
バイアンプサウンドを愉しむなら最適かと。
マランツ M-CR603
配線はこんな感じ。
アンプ部は最大出力60W×4ch(6Ω)のデジタルパワーアンプ
ツイータとウーファを別のアンプで駆動するバイアンプ駆動環境を作ることができ
それなりのスピーカーであれば、それなりの音質を再現することが可能。
この価格帯なら、うれしい規格。
また、別の種類のスピーカーで、同ソースを鳴らすことも可能。
スピーカーバイアンプ
バイアンプで組んでみました。
音場の解像度は、確実に上がります。

手前のLANケーブルは、下記システムに使用。
DLNA1.5に準拠したネットワークオーディオ機能を搭載。DLNAサーバー機能を持つPCやネットワークHDD(NAS:Network Attached Storage)からのMP3、WMA、AAC、WAV、FLACファイルの再生が可能


コンソールは、こんな感じです。
Display M-CR502

Display M-CR502

Display M-CR502
アイコンが分かりやすい。
    :
Air
AirMac ExpressがLAN線の元

ネットワークへのセッティング
特別な設定を行っていないご家庭なら、比較的簡単にセッティング出来ると思います。
(パソコンをネットにつなげない人は、ハードル高いかも)

connectionconnectionconnection
ネット接続完了!
私のネット環境は、DHCPなので、ほぼ手放し!

net
NASもちゃんと見えています。
私は、このNASをiTunesのミュージックサーバーとして
WindowsなりMacなりを合わせて使用しております。

フォルダー
フォルダー構造も

Internet Radio
インターネットラジオも、この通り。

環境さえ整ってしまえば、DLNA環境のハードルは低くなってきています。
※私のネット環境は、ギガビットイーサなのでなおさら。

正直、音質にこだわったら
このような便利な再生環境に頼らず
SACDなどを腰を据えて聴くなりすると思うのですが、
こんな愉しみも、有りです。
むしろ、もっと広まるべきだと感じました。

※私は、SACDプレーヤーをDACとして使用するという
 地味な使い方をしています。(システムがまだ整っていないため)

DENONと迷ったら
私は、こちらをお勧めします。

このレビューを評価する
とても参考になった
参考になった
powered by みんぽす
他のモノフェローズのレビュー


 
| 00:46 | comments(0) | trackbacks(1) |
| - | pookmark |
(to top)





Comment









Trackback
「プリメインアンプ」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
役立つブログまとめ(ライフ)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ | at: 2011/01/06 1:58 PM





プライバシーポリシー     Copyright (C) searched.jp All Rights Reserved.


New Entries
ads
ビックカメラ.com
デル株式会社
RECORDS

HMVジャパン
チケット - @ぴあ :
チケットぴあ
Profile
Category
Archives


ないものはない!お買い物なら楽天市場
無料 アクセス解析ラティース