BOSE AE2/MIE2i/IE2 2010 autumn collection

BOSEさんより
3種のイヤホン/ヘッドフォン アイテムが発表されています。

ボーズ・MIE2i モバイルヘッドセット 先行体験は、こちら.
写真クリックで、詳細イメージが見られます。

今回のラインナップ
Bose AE2 audio headphones
Bose_AE2
ボーズ・AE2 オーディオヘッドホン
(日本販売開始 10/30)

Bose IE2 audio headphones
Bose_MIE2i
ボーズ・MIE2i モバイルヘッドセット
(日本販売開始 10/30)

Bose MIE2i mobile headset
Bose_IE2
ボーズ・IE2 オーディオヘッドホン
(日本販売開始済み)

Bose AE2 audio headphones
今回のラインナップは、
デザインの好き嫌いはあると思いますが、
生活の中で音楽やPodcastなどのコンテンツを
楽しむことにスパイスを利かすアイテムの一つです。
BOSE_IE2
このStayHearチップは、一見奇抜なデザインながら
奇抜です。
…カナルに慣れた方は、かなりの違和感を覚えると思いますが
耳から落ちない安心感と安定したフィッティングを盛り込むための素敵な工夫。

この形状を耳に乗せると、耳のくぼみとのフィッティングにより
歩行時などに自然に加わってしまうある程度の力が加わっても外れにくく、
フィッティングの違和感や不用意な力による脱落を防ぐ機能。
引っ張り力に対する抵抗をある程度(過剰は無論外れます。)持たせ、
音楽を楽しむ環境に浸れる仕組みを採用しています。

故に、ちょっとデザインが目立つ。

カナル的な、耳の中だけで音を閉じ込めるのとは異なり
遮音性を望む人には、ちょっと路線が異なるアイテムかもしれません。

<この製品以外のイヤホンなどを含め>
人の耳は、音を空気をかえして(挟んで)情報を得ています。
その空気が逃げない環境で、あえて大音量で聴いた場合の
耳への負担は、長時間に渡るリスニング環境においては、長期的に見るとリスクが生じます。
音楽をより楽しみたい人には一考して頂きたいと個人的に思う次第です。

前作で、若干不評だったチップも改良されており、
1歩踏み出すのに躊躇していた方は、体験されることをお勧めします。
・密閉度は無いので、音漏れを気にする方は、
音量を下げるなり、時と場合によって避けるなり。

今、イヤフォン1つ取っても
空気を活かした上での音と空気度返しで、集中して音のパワーを得たいと言うアイテムの2極化が進んでいると思います。

ただ、音漏れ=必要以上のエネルギーを耳に突っ込んでいるので
電車とかで迷惑とか、その前に”あなたの聴力が心配”とか思うこのごろ。

いいアイテムは、よりよい環境・用途で活用したいものです。

 
| 01:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |
(to top)





Comment









Trackback





プライバシーポリシー     Copyright (C) searched.jp All Rights Reserved.


New Entries
ads
ビックカメラ.com
デル株式会社
RECORDS

HMVジャパン
チケット - @ぴあ :
チケットぴあ
Profile
Category
Archives


ないものはない!お買い物なら楽天市場