リビングという環境に活きるクアトロン

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)
シャープ/クアトロンをしっかりと体験してまいりました。
クアトロン
上記HPに一般向けの技術情報が
触りとして判りやすく掲載されております。

アクオスの歴史
この歴史の中。
および他社の製品を含め、長く”3原色”で
一般家庭のテレビは[あたりまえ]になってきました。

そこに新たなポイントを刻む製品/技術と言ってもほめ過ぎでは無い位、地味なインパクトを有す”ジャンル”という所感です。
クアトロン(Quattoron)
クアトロ(quattro)電子(electron)を組み合わせた造語
Audiのquattroという表現でピン!と来る方もいらっしゃるでしょう。
イタリア語で「4」:quattro

4色になって何が変わるのか知りたい方は、冒頭のシャープさんのHPをぜひ確認してください。

店頭では見られないハード的なネタは
追って展開します。



おいしいコンテンツ
http://www.sharp.co.jp/aquos/technology/color/
知っておきたい、色の話。
(色彩光学入門)

普通に勉強になる教材です。
夏休みのひとネタに使っても
おつりが来るくらいなボリュームです。

新しいから入手するのではなく
仕組みがどんな物かを知った上ですと
より、そのアイテムを楽しめるかと思います。
さて
インプレッションですが、
私が挙げたいポイントは
映画(クラシック)モード
グレインノイズやジャダーをあえて
観せる方向で処理を行う
いわば、"映像を一般的なデジタル補正された綺麗な画"から
フィルム ライクなノイズを排除しないモード。
(※今もフィルムは、大事な要素です。)
TVドラマでも、たまにフィルムにこだわって撮影される作品があったりします。
…デジタルですと加工・修正がアナログより楽だったりするのですが、フィルムの味はフィルムでしか表現できないため。

この表現が巧い!です。
こういう冒険的な機能は
かなり素敵です。

ちなみに相反する部分では、
3D映画での描写反応が素早く綺麗に鑑賞することができます。

映画『タイタン戦い』を3Dソースで拝見しましたが、映画館で3Dを観たとき、明らかに対象物の動きが速過ぎて、はっきりと3D感を体験することができなかったのですが、
クアトロンで体験したとき、明らかに異なる観え方にびっくりしました。
…正直、3Dゲームとか動きが早いソースで最大の効果を発揮しそうな予感です。

このレビューを評価する
とても参考になった
参考になった
powered by みんぽす
他のモノフェローズのレビュー

<追記>
デジタル顕微鏡によるクアトロンのドット拡大
http://searched.jp/?eid=619


JUGEMテーマ:映画
| 23:42 | comments(0) | trackbacks(1) |
| - | pookmark |
(to top)





Comment









Trackback
「AQUOSアクオス(シャープ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
役立つブログまとめ(ライフ)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ | at: 2010/08/30 7:46 AM





プライバシーポリシー     Copyright (C) searched.jp All Rights Reserved.


New Entries
ads
ビックカメラ.com
デル株式会社
RECORDS

HMVジャパン
チケット - @ぴあ :
チケットぴあ
Profile
Category
Archives


ないものはない!お買い物なら楽天市場
無料 アクセス解析ラティース