Microsoft Arc Keyboard と Apple Wireless Keyboard



を入手したので簡単にレビューをば

まず先に、これはちょいと状況が変わってきてます。
◆デザイン性を重視したホワイト
ホワイトは底面とキートップをきれいな若草色に仕上げ、デザイン性を重視しました。ホワイトは日本とドイツ限定で販売されるモデルです。

投入当初は、上記企画で進んでいたようですが、USなどのラインナップにも載っています。
※スペシャルエディション扱い

この件は、残念。


肝心の使い心地は、ストロークが浅く、すこぶる好みのキータッチ。
中央が盛り上がっている分、アタックが弱くともしっかりとフィードバックを感じることができます。

質感は、値段の割に安っぽいのですが、それが良い。
日常使いにちょうど良い感じです。(よそ行きさが無いというか・・・)


で、ネットで実物を触らずして入手しようと思っている方に
知っておいて欲しい事。
arrow
上下左右のカーソルキー
合わせて 1Key !!
こんなの見たことありません。
が、1時間も経てばこんなものかと違和感なく使える程度なネタです。

wide
Microsoft Arc Keyboard と Apple Wireless Keyboard との厚み比較。
※両方、ストレートな形状じゃないので比較できず。
手首の当たる手前側は、良い感じにカーブを成しておりますので
両者似たような薄さ。

ms arc mac
Microsoft Arc Keyboard と Apple Wireless Keyboard との面積比較。
丸いデザインがマイナスになってしまいMicrosoft Arc Keyboard が
大きめに見えます。
が、許容の範疇。

Apple Wireless Keyboard
・・・ある意味、究極の汎用キーボード
 と思ってみたりできるほど、無駄が無く美しい。

Microsoft Arc Keyboard
遊びっ気があるようで、ちゃんと人間工学的デザインが活かされている面がかなりポイント高い。
安物や、機能を山ほど積んだキーボードを入手する前に
候補の一つに挙げてもらいたいアイテム。

1部のキーが押下時の感触が異なる。
カーソルキーや上部のEsc ファンクションキー など若干のタメがあった後反応があるという変わった工夫がなされています。

※おしゃれなんですけど、様々な人が使用する様なPCでは
ホワイトは止めた方が良いと思いました。
・一見、デザインが一般と異なるため、タッチタイピングが様になるまで
 時間を有すかと。
加えて、白地にパステルな緑のプリント。決して見やすい組み合わせではないです。

結論
デザインがシンプルなキーボードは楽しい。
…ゲームとかやらないんで、、、

 
| 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |
(to top)





Comment









Trackback





プライバシーポリシー     Copyright (C) searched.jp All Rights Reserved.


New Entries
ads
ビックカメラ.com
デル株式会社
RECORDS

HMVジャパン
チケット - @ぴあ :
チケットぴあ
Profile
Category
Archives


ないものはない!お買い物なら楽天市場