プジョー 308CC 新型発表…全天候型カブリオレ

記事参照元
http://response.jp/issue/2008/0714/article111637_1.html
写真有り


2008年7月14日
仏プジョーは10日、ミディアムセグメントの新型フル4シーター・クーペカブリオレ、『308CC』の写真と概要を発表した。実車の国際披露は秋のパリーモーターショーが予定されている。

先代にあたる『307CC』は2003年の発売以来、17万4500台を販売した。プジョーは、『206CC』、『207CC』と合わせたプジョーの「CC」3車種は、“ライフスタイルカー”市場の構造を変えた、という。

ひとつには、折りたたみ式ハードトップを持つカブリオレが、伝統的なソフトトップ・カブリオレよりポピュラーになったこと。また307CCは家庭のメインの車、ファーストカーの位置を占めたということ。

308CCは後継車として307CCの精神を受け継ぎ、プジョーのクーペカブリオレのノウハウを注ぎ込まれ、なによりも魅力的なデザインを特長とする1台だ。

エンジンは1.6リットル「THP」直噴ターボガソリン(150bhp)と、2.0リットル「HDi」ディーゼル(140bhp)の2機種を設定。ディーゼルは「ユーロ5」規制に適合する。
トランスミッションはいずれも6MT。ルーフの開閉は片道20秒と発表されている。

プジョーは1930年代に『401』、『601』、『402』に“折りたたみ式ルーフ”をもつ「エクリプス」仕様を世に送り出した。そのパイオニアとしての誇りとともに開発したのが308CCだ。
スタイリングは、賛否両論あると思いますが
"CC"の市場拡大するにあたり
このようなコンセプトで攻めるのは
妥当かと感じました。

BMW 1シリーズのカブリオレと
思いっきりバッティングしている気がするのは
気のせいでしょうか。
※ハードトップかソフトかのアドバンテージはありますが。
 ・これもオーナーの好みによる所。

このサイズが、日本で吉と出るか凶と出るか
楽しみです。



JUGEMテーマ:Peugeot


| 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |
(to top)





Comment









Trackback





プライバシーポリシー     Copyright (C) searched.jp All Rights Reserved.


New Entries
ads
ビックカメラ.com
デル株式会社
RECORDS

HMVジャパン
チケット - @ぴあ :
チケットぴあ
Profile
Category
Archives


ないものはない!お買い物なら楽天市場
無料 アクセス解析ラティース